top of page

第2回講座を開催しました🙌

9月9日(土)にうるま創業スクールの第2回講座を開催しました!


初回講座では「起業とは何か/なぜ挑戦するのか」といった話からスタートし、「あなたのビジョン・ミッション・バリューは何ですか?」といったそれぞれの思いまで掘り下げ、起業するための土台をまず固めていきました👀


前回に引き続き、長年創業支援に取り組んでいる【兼村光さん】にお話しいただき、今回は更に具体的に「顧客」にフォーカスしていきました👥


第2回講座の内容を簡単にご紹介します🙋‍♀️



🔸「顧客」の解像度を上げる🔸

一言で「顧客」と言っても、そのお客さまは

 ・何のために買ってくださっているのか

 ・どんなニーズを満たそうとされているのか

 ・商品・サービスを買うことで何を手に入れようとしているのか

…などなど、様々な視点から分析することができます。その「顧客」の解像度を上げることが、今回の講座の大きな目的の1つでした。


解像度には、深さ、広さ、構造、時間、などの視点がいくつかありますが、この中でも基本的には足りないのは【深さ】で、そこを埋めるためには数多く現場に行く「カスタマーマニア」になることが大切になってきます。


顧客を正確に分析し、届けたい層に間違いなくリーチするために、様々な工夫を凝らしている事業者の具体例も見ていきながら、顧客理解がどれだけ大切なのかを学ぶ時間となりました。



🔸ペルソナの設定🔸

次に、顧客理解を深めるために、ワークシートを使いながらペルソナ(理想の顧客の人物像)を考えていきました。

届けたい顧客は、

 ・何を考え、感じているのか

 ・何を聞いているか

 ・何を見ているのか

 ・どんなことを言い、どんな行動をしているのか

といった項目にしたがって、届けたい顧客像を細分化して考えました。


作成したペルソナ設定シートをグループ内でシェアし、それぞれがどのような顧客像を描いているかを分かち合いました。届けたい顧客像はもちろん全員異なるため、シェアの時間はとても盛り上がりました👍



🔸顧客に届くまでのストーリーを描く🔸

その後もいくつかのワークを挟み、最後には、提供する商品がどういったストーリーで顧客に届くのかを【漫画的に描いてみる】というワークに取り組みました。

絵を描くのは久しぶりでドキドキ…という方もいらっしゃいましたが、顧客にどのように届けられるかを考えると、少しずつ筆が進みます✍️


最後のシェアタイムでは、ここまで取り組んだ一連のワークを、お互いにシェアしました。最初のシェアタイムの時よりも、届けたい顧客像が格段に明確になり、ワクワクが膨らむ時間になりました!



いよいよ次回講座では事業計画の作成に取り組みます🤩

次の講座は10月です🍁成長の秋にしましょう〜!

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page